夏休み初日、西武線八高線上越線を乗り継いで渋川へ。
IMG_1173
IMG_1174
渋川からバスを2本乗り継いで榛名山ロープウェイに乗車。
人気がなく、一瞬廃墟かと訝しんだが、営業していた。
往復券を購入し、ゴンドラへ。
箱根の時と同様にひとりぼっちの客なので、360°の眺望を楽しめる。
やっぱ人がいない時の旅はいいね。
雨が上がったばかりのせいか、空気が澄んでいた。
遠くの山々に靡く雲海が神々しい。
IMG_1214
IMG_1226
麓に見える榛名湖も人の気配がせず、本来の静寂さが醸し出されている。よし、今からここに行こう。
麓駅から歩いて15分、湖に到着。スワンボートも人待ちげだ。
湖をおよそ半周する。湖からさっきの榛名湖を見ると
湖を鏡のようにした情景が楽しめる。なかなか味わえない景色だろう。
IMG_1270
IMG_1267
景色を堪能したのち、高崎駅へバスで向かう。1時間半ほどの行程なので、途中トイレ休憩があった。高崎経済大学までは独り占めのバス旅だ。
IMG_1286
高崎駅到着後、こっそりお土産を買い込んで、往路と同様の路線で帰宅。

翌日、またまた西武線八高線上越線に乗って土合駅へ。
もぐら駅として苞に有名な駅だ。
核シェルターのような駅ホームから486段もの階段を登って地上へ。
IMG_1298
IMG_1300
IMG_1305
さらにバスで谷川岳ロープウェイ駅へ。これに乗車する。
IMG_1324
こちらもなかなか良い景色だ。さらに山頂駅からリフトに乗車すると尚良い。
リフト降車場は展望台などあり、
西側こそ霞んでいたが、それ以外の北東南はビシッと稜線が見える。
シャッターを切りつつ絶景を堪能する。高地の空気も澄み渡る。
IMG_1344
IMG_1378
IMG_1385
しばしのち、リフトとロープウェイで下山。
帰りの上越高原行きバスに乗り、昼食のため土合駅をとばして水上駅で下車。
しかしあてにしていた蕎麦屋がまさかの店内飲食なしで
仕方なく近くのラーメン屋でラーメンを食らう。
後から入店してきた老人客が「カツ丼と三ツ矢サイダー」を注文したのがなんとも蠱惑的な感じがしてゾクゾクした。

水上駅から上越線の客になったが、新前橋から先が動かず、しばし滞留ののち高崎からは湘南新宿ライン乗車(グリーン)。
IMG_1431
池袋から西武線急行で最寄り一駅前で下車、二足歩行で帰宅。

コロナ禍で、予定を何度も縮小・変更した旅だったが、
先の箱根同様観光客は少なく、これは行き得な旅程だった。
無理しなければ、ね。
冬にはもう収束しているのだろうか?
平常な中でも終始裏を描くいつもの旅程を組む日は、来るのだろうか?